• 本

労働法と知的財産法の交錯 労働関係における知的財産の法的規律の研究

日本労働法学会誌 132号

出版社名 日本労働法学会
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-589-04014-5
4-589-04014-X
税込価格 4,212円
頁数・縦 295P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

大シンポジウム 労働法と知的財産法の交錯―労働関係における知的財産の法的規律の研究(労働法と知的財産法の交錯―シンポジウムの目的とテーマの俯瞰
営業秘密・不正競争防止法と守秘義務 ほか)
シンポジウムの記録 労働法と知的財産法の交錯―労働関係における知的財産の法的規律の研究
ワークショップ(フランスの労働法改革
結社の自由について改めて考える―東アジアにおける「結社の自由」の法制・実態を踏まえて ほか)
個別報告(公務員の法的地位に関する日独比較法研究
フランスの企業再構築にかかる法システムの現代的展開 ほか)
回顧と展望(働き方改革における労働時間規制―労働時間の上限規制と高度プロフェッショナル制度を中心に
パートタイム・有期雇用労働法の成立とその意義 ほか)