• 本

権術を弄さず野心は抱かず 最後の加賀藩主のつぶやき

出版社名 北國新聞社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-8330-2166-1
4-8330-2166-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 369P 20cm

商品内容

要旨

錯綜する幕末維新期の政治・社会情勢を最後の加賀藩主・前田慶寧の回想を借り明快に叙述。加賀藩の維新像と近代日本の始まりを見直す。

目次

第1章 百万石を背負い生まれ育つ―激動の青少年期
第2章 尊王攘夷か公武一和か―まつり事に目覚めたころ
第3章 武門の道を取り失わず―上洛と禁門の変への対応
第4章 戦国割拠状況の氷解に賭ける―三州の興隆を目指さん
第5章 恭順と「列藩の標的」とならん―幕府崩壊と新政府の成立
第6章 加越能三州よ永遠なれ―廃藩へのみちのり

著者紹介

徳田 寿秋 (トクダ トシアキ)  
昭和16年(1941)石川県野々市市押野生まれ。同39年、金沢大学法文学部史学科卒。高等学校教諭、県教委事務局職員、金沢錦丘高校長、金沢泉丘高校長などを歴任。平成14年(2002)3月定年退職後、19年3月まで石川県立歴史博物館長。現在、石川県観光スペシャルガイド、石川県教育文化会議副理事長、野々市市文化財保護審議会会長など。平成20年泉鏡花記念金沢市民文学賞、平成21年全国新聞社出版協議会ふるさと自費出版優秀賞、平成26年瑞宝小綬章拝受、平成28年北國文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)