• 本

判決はCMのあとで ストロベリー・マーキュリー殺人事件

角川文庫 あ61−10

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2014年9月
ISBNコード 978-4-04-101415-8
4-04-101415-8
税込価格 660円
頁数・縦 363P 15cm

商品内容

要旨

裁判中継が娯楽となり、そこから誕生した裁判アイドル(裁ドル)グループCSB法廷8も、今や人気絶頂。そんな中、人気バンドが関わる殺人事件の公判が始まろうとしていた。ゲストとしてCSBも参加する注目の裁判に、裁判員として参加することになった会社員・生野悠太は、憧れの裁ドル・川辺真帆に声をかけられ浮かれるが、審議の行方にはどこか違和感を覚えるのだった…。前代未聞、謎と恋の法廷青春ミステリ。

著者紹介

青柳 碧人 (アオヤギ アイト)  
1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)