• 本

講談社基礎物理学シリーズ 4

電磁気学

講談社基礎物理学シリーズ 4

出版社名 講談社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-06-157204-1
4-06-157204-0
税込価格 3,024円
頁数・縦 278P 22cm
シリーズ名 講談社基礎物理学シリーズ

商品内容

要旨

しっかり、ていねいに説く電磁気学の基礎。

目次

第1部(電磁気学とは何か
クーロンの法則
電場の導入
ガウスの法則
静電ポテンシャルと電位
静電場のまとめ
定常電流
静磁場
時間変動する電磁場
マクスウェル方程式と電磁場)
第2部(導体と静電場
誘電体
電流と磁場
磁性体
電磁気学の基礎法則)
第0部(物理量を記述する数学的諸量
スカラー量とベクトル量
微分
積分)
付録(一般座標での微分公式
デルタ関数とグリーン関数)

おすすめコメント

当代一流の著者が理工系1〜2年の大学生に向けて書き下ろす。理工系のどんな分野にも必要な電磁気学を説き明かし、次代の研究者・技術者を育む基礎となる教科書

出版社・メーカーコメント

本書は『講談社基礎物理学シリーズ』の第4巻であり、電磁気学という物理学分野を詳説するものです。電磁気学とは、読んで字のごとく、電気と磁気に関する学問です。電気と磁気は物理学的に興味深い対象であるばかりか、我々の日常生活にも大いに役立てられていることは周知のとおりで、理学・工学を目指す人間としては是非とも習得したいものです。しかし、大学の電磁気学は、その数学的記述において高校物理とは一線を画する難しさがあります。本書は、この難解さを打ち破り、初学者に電磁気学の理解をもたらす、非常に工夫された教科書です。

著者紹介

横山 順一 (ヨコヤマ ジュンイチ)  
1963年生まれ。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程中退。理学博士。現在、東京大学理学部附属ビッグバン宇宙国際研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)