• 本

出口のない海

講談社文庫 よ30−2

出版社名 講談社
出版年月 2006年7月
ISBNコード 978-4-06-275462-0
4-06-275462-2
税込価格 770円
頁数・縦 351P 15cm

商品内容

要旨

人間魚雷「回天」。発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第二次世界大戦の終戦前に展開されていた。ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手・並木浩二は、なぜ、みずから回天への搭乗を決意したのか。命の重みとは、青春の哀しみとは―。ベストセラー作家が描く戦争青春小説。

おすすめコメント

最終兵器「回天」が意味すること。 戦争とは、青春とは――。 人間魚雷「回天」。発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第2次世界大戦の終戦前に展開されていた。ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手・並木浩二は、なぜ、みずから回天への搭乗を決意したのか。命の重みとは、青春の哀しみとは――。ベストセラー作家が描く戦争青春小説。 青春の哀しみとは、命の重みとは―― 横山秀夫が描く「戦争」がここにある。

出版社・メーカーコメント

9月映画化!横山秀夫の「戦争」に震えよ甲子園優勝投手・並木浩二は右ヒジを故障し、期待された大学野球を棒に振る。諦めずに魔球完成を目指すが、日米開戦――。並木は「人間魚雷」となる決意をする。

著者紹介

横山 秀夫 (ヨコヤマ ヒデオ)  
1957年東京生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業後、上毛新聞記者を経て、作家として独立。「陰の季節」で松本清張賞、「動機」で日本推理作家協会賞短編部門賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)