• 本

陰摩羅鬼(おんもらき)の瑕 文庫版

講談社文庫 き39−11

出版社名 講談社
出版年月 2006年9月
ISBNコード 978-4-06-275499-6
4-06-275499-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 1221P 15cm
シリーズ名 陰摩羅鬼(おんもらき)の瑕

商品内容

要旨

「おお!そこに人殺しが居る!」探偵・榎木津礼一郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ―。嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと、由良昂允とはいかなる人物か?一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。シリーズ第八弾。

おすすめコメント

存在しない犯人。それは鬼神だ。 京極堂、「鳥の城」へ。 「おお! そこに人殺しが居る!」探偵・榎木津礼二郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ――。嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。その主「伯爵」こと、由良昂允(こういん)とはいかなる人物か? 一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。シリーズ第8弾。

出版社・メーカーコメント

初夜に命を奪われた花嫁。その数じつに5人白樺湖畔にそびえる洋館「鳥の城」。隔絶した環境に住まう「伯爵」由良昂允とはいかなる人物か。館を訪れた関口巽と榎木津礼二郎のまえで惨劇はくりかえされた。