• 本

介護保険活用法Q&A 在宅介護応援ブック

介護ライブラリー

出版社名 講談社
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-06-282470-5
4-06-282470-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

「ヘルパーさん」って、家事を頼んでもいい人?どんなサービスが利用できるのか。まずは知っておきたい「基本中の基本」。「保険申請の基本」から「保険でできること・できないこと」「介護サービスを受けてくれない親への対策」まで、あなたの疑問にお答えします。

目次

第1章 介護保険サービスの基本的な活用法Q&A(介護が始まりそうです。何から手をつけたらいいのでしょうか。
要介護認定の調査に来るそうです。何か気をつけるべきことはありますか。
要介護認定を受けると、どうなるのでしょうか。
具体的にどのような介護保険サービスがあるのでしょうか。
介護保険サービスを利用するとどのように便利なのか、イメージがわきません。)
第2章 介護保険サービスの応用的な活用法Q&A(近距離別居の舅から夜間に何度も呼び出され、介護に疲れ果てています。
父がガンで亡くなりました。遠距離独居になってしまった母の今後が心配です。
母と二人暮らしの息子です。介護が始まって困ったことだらけです。
父が片マヒになって以来、引きこもりのようになっています。
母の認知症状がいよいよ深くなってきました。何かいいサービスはありませんか。
人工透析をしている姑が入院をきっかけに弱ってしまい、今後が心配です。
福祉用具のレンタルや購入をする際に、どれを選んだらいいのかわかりません。
腰痛がひどく日常生活がやっとの姑が「要支援2」に認定されました。)
第3章 介護保険サービス内ではできないことQ&A(ヘルパーさんって家事をしてくれるのではないのですか。
食費は自己負担と聞きましたが、ほかにも自己負担する費用はありますか。
わずかな障害年金で暮らしているうちの両親は、とても利用できません。
寝たきりの父は、絶対に介護保険サービスを利用してくれません。)

おすすめコメント

Q「要介護認定の調査では、何か気をつけるべきことはありますか?」 Q「介護保険サービスには具体的にはどのようなものがありますか?」 Q「近距離別居の舅の夜間介護に疲れ果てています・・・・・・」 Q「父がどうしても要介護認定を受けてくれなくて困っています・・・・・・」 Q「へルパーさんって、家事をしてくれるのではないのですか?」 保険申請の基本から、保険でできること・できないこと、介護サービスを受けてくれない親への対策まで、あなたの不安に寄り添い、疑問に答えます。

著者紹介

三好 春樹 (ミヨシ ハルキ)  
1950年生まれ。生活とリハビリ研究所代表。1974年から特別養護老人ホームに生活指導員として勤務後、九州リハビリテーシヨン大学校卒業。ふたたび特別養護老人ホームで理学療法士(PT)としてリハビリテーションの現場に復帰する
東田 勉 (ヒガシダ ツトム)  
1952年生まれ。コピーライターとして制作会社数社に勤務後、フリーライターとなる。2005年から2007年まで、介護雑誌の編集を担当。医療、福祉、介護分野の取材や執筆多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)