• 本

21世紀版少年少女古典文学館 21

里見八犬伝

21世紀版 少年少女古典文学館  21

出版社名 講談社
出版年月 2010年3月
ISBNコード 978-4-06-282771-3
4-06-282771-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 307P 20cm
シリーズ名 21世紀版少年少女古典文学館

商品内容

要旨

南総里見家の息女伏姫の胎内から八方に飛びちった八個の玉にしるされた八つの文字。その玉をもって生まれ出た八人の勇士が、運命の糸に引き寄せられるように出会い、ともに戦い、また別れていく。『里見八犬伝』は、江戸時代の読本作家・曲亭馬琴が、二十八年の年月と失明の不運をのりこえて完成させた全百六冊にも及び大伝奇小説である。悪と戦う正義の犬士たち、義のために犠牲となる女たちが織りなす波瀾万丈の物語は、エンターテイメント小説の原点として尽きない魅力を放っている。

出版社
商品紹介

児童むけ古典文学全集の決定版。『四谷怪談』『江戸の笑い』『万葉集 ほか』『おくのほそ道 ほか』も発売。

出版社・メーカーコメント

古典文学の名作を21世紀の子ども達に! 読みやすい総ルビ、カラーさし絵、本文中の豊富な用語解説で、日本の古典文学にはじめて出会う子供の理解を助ける、児童むけ古典文学全集の決定版。

著者紹介

栗本 薫 (クリモト カオル)  
1953年、東京都に生まれる。早稲田大学文学部卒。1977年、中島梓の名義で群像新人賞(評論部門)を受賞してデビュー。『ぼくらの時代』で江戸川乱歩賞、『絃の聖域』で吉川英治文学新人賞を受賞する。SF・推理小説・時代小説・評論と、変幻自在の作家活動を展開し、なかでも「グイン・サーガ」シリーズは、全130巻という前人未到の長編となった。2009年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)