• 本

プライベートバンカー驚異の資産運用砲

講談社現代新書 2467

出版社名 講談社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-06-288467-9
4-06-288467-4
税込価格 907円
頁数・縦 186P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

元金5000万円で毎年500万円のリターン。日本人富裕層が海外で行っている資産運用を凄腕のバンカー(清武英利著『プライベートバンカー』の主人公)が初めて詳細に明かします。

目次

第1章 プライベートバンカーとは何か(商業銀行と投資銀行
富裕層に仕える「マネーの執事」 ほか)
第2章 私がプライベートバンカーになるまで(野村證券は「プライベートバンカー養成学校」
「説得力」と「共感」 ほか)
第3章 プライベートバンカーの資産運用法―富裕層は海外でこうやって増やしている(ファンドや生命保険に担保価値を認める海外、認めない日本
オフショア生命保険とは ほか)
第4章 お金持ちってこんな人(富裕層の資格は「資産1億円以上」
相続に悩まされる日本在住の富裕層 ほか)
第5章 動乱の時代を生き抜く資産運用(今の世界経済は「壮大な上昇相場」にある?
アメリカの金利上昇に警戒せよ ほか)

おすすめコメント

元手5000万円で毎年500万円のリターンを生み出す必殺技! 本物・凄腕のプライベートバンカーが初めて明かす驚異の資産運用法

著者紹介

杉山 智一 (スギヤマ トモカズ)  
1969年岐阜県生まれ。1992年静岡大学卒業後、野村證券、三井住友銀行、ソシエテ・ジェネラル信託銀行を経て、シンガポールに渡り、バンク・オブ・シンガポール、UBIキャピタル・シンガポールにて日本・アジアの富裕層・超富裕層に対するプライベートバンク業務に従事。現在もプライベートバンカーとして富裕層の資産運用・管理に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)