• 本

NYとワシントンのアメリカ人がクスリと笑う日本人の洋服と仕草

講談社+α新書 785−1D

出版社名 講談社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-06-291519-9
4-06-291519-7
税込価格 929円
頁数・縦 270P 18cm

商品内容

目次

はじめに―世界で顰蹙を買う、あの日本人?
第1章 「装い」で分かる教養とステイタス
第2章 なぜ日本人の洋服は笑われるのか
第3章 政治家の変な着こなしの数々
第4章 欧米と日本の女性「装い」の大違い
第5章 世界で誤解を呼ぶ日本人の仕草
第6章 国際基準の自己演出術
おわりに―個人で世界と渡り合うための「装い」と「仕草」

おすすめコメント

マティス国防長官と会談した安倍総理を見てビックリ。スーツ着用なのに、靴はローファー…変てこな日本人の洋装を正し、真の国際人に

著者紹介

安積 陽子 (アサカ ヨウコ)  
アメリカ・シカゴに生まれる。ニューヨーク州立大学イメージコンサルティング科を卒業後、アメリカの政治・経済・外交の中枢機能が集中するワシントンDCで非言語コミュニケーションを学び、世界のエリートたちが政治やビジネスのあらゆる場面で非言語コミュニケーションを駆使している事実を知る。2005年からニューヨークのImage Resource Center of New York社で、エグゼクティブ、政治家、女優、モデル、起業家を対象に自己演出に関するトレーニングを開始。2009年に帰国し、Image Resource Center of New Yorkの日本校代表に就任。2016年、一般社団法人国際ボディランゲージ協会を設立。非言語コミュニケーションの研修やコンサルティング等を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)