• 本

西洋中世奇譚集成 魔術師マーリン

講談社学術文庫 2304

出版社名 講談社
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-06-292304-0
4-06-292304-1
税込価格 1,037円
頁数・縦 283P 15cm

商品内容

要旨

中世伝説で、最高の魔法使いマーリンの物語。円卓の騎士でも知られるアーサー王の誕生を描く一大スペクタクル。悪魔の子マーリンが不思議な予言力を発揮し、危機にあるブリテン国の王家三代に知恵と力を貸し、アーサーが王になるまでを導く波乱万丈の物語である。アーサー王物語と聖杯伝説を合体させた中世ロマンの金字塔が、本邦初訳でついに登場!

おすすめコメント

中世伝説において最高の魔法使いマーリンの物語です。伝説のブリテン王にして、円卓の騎士の物語でも知られるアーサー王誕生の秘密を語る本書は、マーリンの誕生からアーサー王の英雄行為までの一大スペクタクルを描きます。アーサーの助言者で、強力な魔法使いとしてのマーリンはジェフリー・オヴ・モンマスの『ブリテン年代記』で最初に言及されるほか、さまざまな物語で異なるマーリン像が描かれています。本書はそのヴァリエーションです。悪魔と夢の中で交わって生まれたマーリンは、キリスト教の力で悪魔由来の邪悪さが消え、過去・未来を見通す不思議な力を備えるようになります。サクソン人の襲撃を受けるブリテンを守る王族三代コンスタン→ユテル→アーサーを導き、最終的にアーサー王の戴冠までのお膳立てを整えていきます。ロベールによる物語の大きな特徴は、聖杯伝説をアーサー王伝説のなかに組みこんでいることです。また本書では原本の異本も参照し、アーサー王がローグル国を末永く平和におさめてという結末と最後にマーリンがアーサー王の由来を説明して終わる結末のふたつが収録されています。本邦初訳の中世ロマンです。

著者紹介

ボロン,ロベール・ド (ボロン,ロベールド)   Boron,Robert de
12世紀後半〜13世紀前半のフランスの作家。『聖杯伝説の物語』『メルラン(マーリン)』を著した。聖杯伝説とキリスト教を結びつけたことで知られる
横山 安由美 (ヨコヤマ アユミ)  
1964年生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院人文科学研究科博士課程修了、博士(文学)。現在、フェリス女学院大学国際交流学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)