• 本

アメリカの保守本流

集英社新書 0210

出版社名 集英社
出版年月 2003年9月
ISBNコード 978-4-08-720210-6
4-08-720210-0
税込価格 770円
頁数・縦 254P 18cm

商品内容

要旨

イラク侵攻を主導し、いまやホワイトハウスを牛耳るアメリカの新保守主義者、いわゆるネオコンとはいったい何者なのか。彼らを動かす軍事シンクタンクの思想は、アメリカ国民をどこに誘導しようというのか。彼らの活動資金は、どこからでているのか。ブッシュ大統領を侵攻へと駆り立てたのは、石油利権などではない。現在のアメリカの権力構造を理解しようとするなら、保守本流の深層、「鉄道資本」と「石炭産業」の歴史をまずひもとく必要がある。そして、その保守を変容させるネオコンこそが、アメリカを、さらに世界を危機に追いやっているのだ。

目次

序 アメリカの暴走
第1章 保守本流とネオコン(黒幕ビル・クリストルとネオコン七人組
過去のユダヤ人の反体制・反戦運動 ほか)
第2章 アメリカの鉄道資本とは何か(大陸横断ユニオン・パシフィック鉄道
アメリカ史を動かす鉄道会社とスタンフォード大学 ほか)
第3章 保守派のマーチャント・バンカー(メリル・リンチとブッシュ・ファミリー
軍需財閥、ボーイングとロッキード・マーティン ほか)
第4章 シンクタンクがばらまく軍事思想(マードックとロスチャイルド人脈による煽動プロパガンダ
シンクタンク人脈が進めるアジアの友好破壊工作 ほか)

おすすめコメント

ブッシュ大統領をイラク侵攻に駆り立てたのは石油利権ではない!米国の権力構造に起きている異変を追い、保守本流を変容させるネオコンを解明。--日本は罠にかかるな!!北朝鮮を危険に追い込むのはアメリカだ。(広瀬隆)--

出版社・メーカーコメント

イラク侵攻を主導したアメリカの新保守主義、いわゆるネオコンとアメリカの保守本流との関わりをさぐり、その危険な体質を解明。ブッシュ大統領を侵攻に駆り立てたものは? アメリカ研究第3弾。

著者紹介

広瀬 隆 (ヒロセ タカシ)  
1943年東京生まれ。作家。早稲田大学卒業。近年、建国以来のアメリカ合衆国の成り立ちを精査し、その権力構造を解析している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)