• 本

イスラム−癒しの知恵

集英社新書 0576

出版社名 集英社
出版年月 2011年1月
ISBNコード 978-4-08-720576-3
4-08-720576-2
税込価格 792円
頁数・縦 195P 18cm

商品内容

要旨

イスラム教徒は自殺しない?イスラム教徒の実像は好戦的ではなかった。張り巡らされる癒しの知恵は、助け合いから性にまでおよぶ。我々はイスラムを、ふだん異質の文化、宗教としてしか認識していないかもしれないが、既存の価値観が崩壊しつつある今、実は彼らから学ぶべき事は多い。日本ではまったく伝えられていない、平安と癒しをもたらすムスリムのメンタリティーを学ぶと同時に、日本人の心の処方箋ともなる一冊。

目次

はじめに(自殺の大国)
第1章 信じることによる癒し(イスラムにおける自殺の禁止
すべてを神にゆだねる ほか)
第2章 行いによる癒し(信じるだけではイスラムの信仰は成立しない
イスラムは喫煙を禁止するか? ほか)
第3章 ひとりでいるのは悪いこと(「助けて!」と叫べる社会
個の確立が求められる日本 ほか)
終章 世俗主義の国家という不幸(イスラムの発想に学ぶ
科学と宗教 ほか)

出版社・メーカーコメント

今を生き抜くヒントはイスラムの教えにある イスラム教徒は自殺しない? 既存の価値観が崩れた今、日本人がイスラムから学ぶべきことは多い。平安と癒しをもたらすイスラムのメンタリティーを教えてくれる、心の処方箋ともなる一冊。

著者紹介

内藤 正典 (ナイトウ マサノリ)  
1956年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒業。博士(社会学)。専門は多文化共生論、現代イスラーム地域研究。一橋大学教授を経て、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)