• 本

「朝日新聞」問題

集英社新書 0786

出版社名 集英社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-08-720786-6
4-08-720786-2
税込価格 836円
頁数・縦 238P 18cm

商品内容

要旨

現役の朝日新聞社員である著者は、若手記者時代、阪神支局襲撃事件やサンゴ損傷事件を間近で体験し、その教訓をジャーナリスト活動の原点とした。しかし、慰安婦報道(吉田証言)、原発報道(吉田調書)をめぐって明るみに出た朝日新聞の「誤報」は、過去の事件に勝るとも劣らない衝撃的な出来事であった。「もう一度、原点にもどって考えなければならない」という思いで書き下ろされた本書では、当時の記事や第三者委員会の報告書等を仔細に分析し、“当事者”の立場から、厳しく、真摯に一連の問題を検証する。

目次

第1章 そもそも慰安婦報道問題とは何か
第2章 記事を取り消しながら謝罪なし―慰安婦報道の2014年検証記事
第3章 池上コラム問題と元朝日記者へのバッシング
第4章 衝撃的な吉田調書報道とその取り消し
第5章 「重大な誤り」―吉田調書報道への見解
第6章 「読者の信頼を裏切るもの」―慰安婦報道への報告書
第7章 朝日新聞は原点に帰れ

出版社・メーカーコメント

現役の朝日新聞社員である著者が、慰安婦報道、原発報道など一連の「朝日新聞問題」について、「内部」の立場から厳しく徹底的に検証。ジャーナリズムの原点とは何かを、真摯に追求する。

著者紹介

徳山 喜雄 (トクヤマ ヨシオ)  
1958年生まれ。朝日新聞記者。ベルリンの壁崩壊など一連の東欧革命やロシア・旧ソ連諸国の解体、中国、北朝鮮など旧共産圏を数多く取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)