• 本

英国王7人が名画に秘めた物語 ロイヤル・コレクション500年の歴史

小学館101ビジュアル新書 V021 Art 6

出版社名 小学館
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-09-823021-1
4-09-823021-6
税込価格 1,210円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

英国王室が所有するロイヤル・コレクションが、ロンドン、ナショナル・ギャラリーの3倍以上の規模を誇る名画コレクションであることは、意外と知られていません。ルネサンス期のヘンリー8世から在位60年を迎えたエリザベス2世に至るまで、500年余りにわたってこの世界有数の名画コレクションを築き上げてきた、曲者ぞろいの英国王たちと彼らが収集した名画にまつわる波瀾万丈の歴史物語。知られざる巨大名画コレクションの真相に迫る。

目次

第1章 テューダー朝(一四八五〜一六〇三)(ヘンリー8世―ルネサンス期の文化弱小国)
第2章 ステュアート朝(一六〇三〜一七一四(一六四九〜六〇の共和制時代を除く))(チャールズ1世―国王処刑とコレクションの危機
チャールズ2世とウィリアム3世―オランダから来た名画とオランダ人英国王)
第3章 ハノーヴァー朝(一七一四〜一八三〇まで)(ジョージ2世とフレデリック皇太子―大英帝国を生んだドイツ人英国王と悲運の皇太子
ジョージ3世―産業革命を育てた「農民国王」
ジョージ4世―イギリスを芸術大国にした「暗愚の借金王」)
第4章 ハノーヴァー朝からウィンザー朝へ(一八三〇〜現在)(ヴィクトリア女王―芸術を愛し利用した「帝国の母」)

出版社・メーカーコメント

巨大名画コレクションを築いた王たちの物語 2012年に在位60周年を迎えた英国女王エリザベス2世が、世界有数の名画コレクションである「ロイヤル・コレクション」の所有者であることは、意外と知られていません。フェルメール、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、レンブラント、ティツィアーノ、ルーベンス、デューラー、ブリューゲル、カラヴァッジョなど、西洋絵画の巨匠たちによる7,000点以上の油彩画、40,000点以上の素描、150,000点以上にのぼる版画などからなる「ロイヤル・コレクション」は、ロンドンのナショナル・ギャラリーの3倍以上の規模と言われています、そしてそれらの名画の多くは、現在でも、原則として英国王室が所有する数々の城に、当時のままの状態で展示されています。しかも「ロイヤル・コレクション」は、過去の遺産ではなく、いまもまだ成長を続けている現在進行形のコレクションなのです。本書は、ルネサンス期のヘンリー8世(在位1509〜1547)からエリザベス2世(在位1952〜)に至るまで、500年余りにわたって「ロイヤル・コレクション」を築き上げてきた、曲者ぞろいの英国王・女王たちと彼らが収集した名画にまつわる歴史物語です。

著者紹介

ライト 裕子 (ライト ヒロコ)  
東京都生まれ。英国人と結婚し、1985年からロンドンに移住。金融街シティで秘書を勤めたのち、1991年に英国観光局公認のブルーバッジ・ガイドの資格を取得。現在、ロンドンを中心に英国やヨーロッパの観光ガイドとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)