• 本

少しぐらいの嘘は大目に 向田邦子の言葉

新潮文庫 む−3−21

出版社名 新潮社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-10-129413-1
4-10-129413-5
税込価格 605円
頁数・縦 244P 16cm

商品内容

要旨

『阿修羅のごとく』『あ・うん』『寺内貫太郎一家』…傑作ドラマの脚本家として知られ、名エッセイスト、直木賞受賞作家でもあった向田邦子。突然の飛行機事故から40年が経つにもかかわらず、今なお読み継がれ、愛されるのはなぜなのか。日本のテレビドラマ史を語らせれば右に出る者のない編者が彼女の全作品から名言・名セリフをセレクト。いつでも向田作品の世界に没入できる座右の一冊。

目次

第1章 男と女の風景―見栄はらないような女は、女じゃないよ
第2章 家族の風景―どこのうちだって、ヤブ突つきゃヘビの一匹や二匹
第3章 生きるということ―七転八倒して迷いなさい
第4章 自身を語る―私は極めて現実的な欲望の強い人間です
第5章 向田邦子の「仕事」―嘘をお楽しみになりませんか?
第6章 食と猫と旅と―好きなものは好きなのだから仕方がない

著者紹介

向田 邦子 (ムコウダ クニコ)  
1929(昭和4)年、東京生れ。実践女子専門学校(現実践女子大学)卒。数多くの脚本を執筆する。’80年『思い出トランプ』に収録の「花の名前」他2作で直木賞受賞。’81年8月22日、台湾旅行中、飛行機事故で死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)