• 本

財務省と政治 「最強官庁」の虚像と実像

中公新書 2338

出版社名 中央公論新社
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-12-102338-4
4-12-102338-2
税込価格 968円
頁数・縦 300P 18cm

商品内容

要旨

国家の財政を担い、「官庁の中の官庁」「最強官庁」と称される財務省(旧大蔵省)。55年体制下では自民党と蜜月関係を築いた。だが90年代以降、政治改革などの統治構造改革が、首相の指導力強化と大蔵省「解体」を推進。2001年には財務省へ衣替えした。小泉政権、民主党政権、第二次安倍政権と政治が変動するなか、経済停滞と少子高齢化により財政赤字の拡大は続く。20年以上の取材をもとに「最強官庁」の実態を追う。

目次

序章 五五年体制―自民・大蔵の「共犯システム」
第1章 「無謬」神話の終わり
第2章 金融危機と大蔵省「解体」
第3章 新生・財務省と小泉政治
第4章 政権交代とねじれの激流
第5章 アベノミクスとの格闘
終章 最強官庁のいまとこれから

おすすめコメント

予算編成を担い、「最強官庁」と称されてきた財務省。90年代以降の政治改革と統治構造改革を経て、その力と役割はいかに変わったか

著者紹介

清水 真人 (シミズ マサト)  
1964(昭和39)年、京都府生まれ。東京大学法学部卒業後、日本経済新聞社に入社。政治部(首相官邸、自民党、公明党、外務省などを担当)、経済部(大蔵省などを担当)、ジュネーブ支局長を経て、2004年より経済解説部編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)