• 本

バルカン 「ヨーロッパの火薬庫」の歴史

中公新書 2440

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-12-102440-4
4-12-102440-0
税込価格 1,012円
頁数・縦 314P 18cm

商品内容

要旨

南東ヨーロッパに位置するバルカン半島。オスマン帝国時代、住民の多くを占める正教徒たちは平和裡に暮らしていた。19世紀、帝国が衰退すると、彼らは民族意識に目覚め、ギリシャ、セルビア、ブルガリアなどが独立を果たす。だがそれら新興国家に待ち受けていたのは、欧州列強の思惑と果てなき民族対立だった。ユーゴ紛争とともに20世紀が終わるまでを描いた、いま最も注目される歴史家の名著を翻訳。監修・村田奈々子。

目次

プロローグ バルカンという呼称
第1章 国土と住民
第2章 ネイション以前
第3章 東方問題
第4章 国民国家の建設
エピローグ 暴力について

おすすめコメント

多くの民族、多くの宗教がいりまじるヨーロッパ南東部。オスマン帝国の崩壊がもたらしたのは、国家建設をめぐる100年の混乱だった

著者紹介

マゾワー,マーク (マゾワー,マーク)   Mazower,Mark
1958年イギリス出身。オックスフォード大学卒業後、ジョンズホプキンス大学で修号士、オックスフォード大学で博士号取得。ロンドン大学、サセックス大学で教鞭を振るったのち、コロンビア大学教授
井上 廣美 (イノウエ ヒロミ)  
1959年(昭和34年)生まれ。名古屋大学文学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)