• 本

斎宮 伊勢斎王たちの生きた古代史

中公新書 2452

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-12-102452-7
4-12-102452-4
税込価格 994円
頁数・縦 294P 18cm

商品内容

要旨

天皇の代替わりごとに占いで選ばれ、伊勢神宮に仕える未婚の皇女―それが斎王であり、その住まいが斎宮である。飛鳥時代から鎌倉時代まで六六〇年にわたって続いた斎宮を、あらゆる角度から紹介し、斎王一人一人の素顔に迫る。『伊勢物語』のモデルとなった斎王、皇后となり怨霊となった斎王、悲恋に泣いた斎王…彼女たちは都を離れた伊勢で何を祈り、何を思って人生を送ったのか。古代史の新たな姿が浮かびあがる。

目次

第1章 そもそも斎王とは、斎宮とは(斎王と斎宮の特質
斎王の伝説をめぐって ほか)
第2章 七人のプリンセス(大来皇女(六六一‐七〇二)―最初の人
井上内親王(七一七‐七七五)―忘れられない人 ほか)
第3章 斎宮年代記(六九八年―当耆皇女、伊勢斎宮に向かう
七八四年?―斎宮に古代都市完成する ほか)
第4章 斎宮の諸相―いつきのみやをめぐるあれこれ(斎宮は「国家機関」
斎宮跡の文字資料 ほか)
第5章 斎宮とは何だったのだろう(斎王と斎宮の特質ふたたび―『日本書紀』の視線、伊勢の視線
斎王制度の確立ふたたび―その存在意義 ほか)

おすすめコメント

天皇の代替わりごとに占いで未婚の皇族女性が選ばれ、伊勢神宮に仕える――これが斎王である(斎宮とも)。飛鳥時代から南北朝まで、六百年間、六十人以上の皇女が斎王となった。『伊勢物語』の「狩の使い」のモデルとなった斎王もいれば、後に皇后となり、怨霊となった斎王もいる。彼女たちは都を離れた伊勢で何を祈り、どんな生活を送ったのか。その一人一人の素顔に迫るとともに、古代史を新たな視点で通観する。

著者紹介

榎村 寛之 (エムラ ヒロユキ)  
1959年大阪府生まれ。大阪市立大学文学部卒業、岡山大学大学院文学研究科前期博士課程修了、関西大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得修了。博士(文学)。三重県立斎宮歴史博物館学芸普及課長。専攻・日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)