• 本

椿井文書 日本最大級の偽文書

中公新書 2584

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-12-102584-5
4-12-102584-9
税込価格 990円
頁数・縦 257P 18cm

商品内容

要旨

中世の地図、失われた大伽藍や城の絵図、合戦に参陣した武将のリスト、家系図…。これらは貴重な史料であり、学校教材や市町村史にも活用されてきた。しかし、もしそれが後世の偽文書だったら?しかも、たった一人の人物によって創られたものだとしたら―。椿井政隆(一七七〇〜一八三七)が創り、近畿一円に流布し、現在も影響を与え続ける数百点にも及ぶ偽文書。その全貌に迫る衝撃の一冊。

目次

第1章 椿井文書とは何か
第2章 どのように作成されたか
第3章 どのように流布したか
第4章 受け入れられた思想的背景
第5章 椿井文書がもたらした影響
第6章 椿井文書に対する研究者の視線
終章 偽史との向き合いかた

おすすめコメント

中世の荘園を描いた地図、失われた大伽藍や城の絵図、合戦に参陣した武将の名簿、家系図……。これらは地域の歴史を知るうえで貴重な史料であり、市町村史や学校教材にも活用されてきた。しかしもしそれが後世の偽文書だったら? しかもたった一人の人物によって創られたものだとしたら?本書は、椿井政隆(一七七〇〜一八三七)が創作し、近畿一円に流布して、今に至るまで影響を与えつづける、数百点に及ぶ偽文書の全貌を解明する試みである。

著者紹介

馬部 隆弘 (バベ タカヒロ)  
1976年、兵庫県生まれ。1999年、熊本大学文学部卒業。2007年、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。枚方市教育委員会、長岡京市教育委員会を経て、大阪大谷大学文学部准教授。専攻は日本中世史・近世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)