• 本

光の指で触れよ

中公文庫 い3−8

出版社名 中央公論新社
出版年月 2011年1月
ISBNコード 978-4-12-205426-4
4-12-205426-5
税込価格 926円
頁数・縦 636P 16cm

商品内容

要旨

あの幸福な一家に何が起きたのか。『すばらしい新世界』の物語から数年後、恋人をつくった夫を置いて、幼い娘を連れた妻はヨーロッパへ渡り、共同生活を送りながら人生を模索する。かつて父をヒマラヤまで迎えに行った息子は、寮生活をしながら両親を想う。離れて暮らす家族がたどりつく場所は―。現代に生きる困難と、その果てにきざす光を描く長編小説。

おすすめコメント

土の匂いに導かれて、離ればなれの家族が行きつく場所は――。あの幸福な一家になにが起こったのか。現代に生きる困難と、その果てにきざす光を描く長編小説。〈解説〉角田光代

著者紹介

池澤 夏樹 (イケザワ ナツキ)  
1945年、北海道帯広市生まれ。75年から三年間ギリシャに暮らし、以後もしばしば旅に出る。『スティル・ライフ』で中央公論新人賞と芥川賞、『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、『すばらしい新世界』で芸術選奨文部科学大臣賞、ほか受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)