• 本

鴎外「奈良五十首」を読む

中公文庫 ひ33−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-12-206185-9
4-12-206185-7
税込価格 1,080円
頁数・縦 298P 16cm

商品内容

要旨

大正五年、陸軍軍医総監の職を退いた鴎外は、一年半後、帝室博物館総長に任ぜられ、度々奈良に滞在する。在任中の歌で編まれた「奈良五十首」は、『明星』大正一一年一月号に一挙掲載されたもので、茂吉は「思想的抒情詩」と評し、石川淳はそこに鴎外晩年の「物理的精神的な軌跡」を見ようとした。総体としての五十首に込められた本当の含意とは。

目次

1 序にかえて
2 帝室博物館総長兼図書頭としての鴎外
3 「奈良五十首」
4 「奈良五十首」の構成
5 「奈良五十首」の意味
6 「我百首」の構成
7 万葉集と鴎外の「うた日記」

著者紹介

平山 城児 (ヒラヤマ ジョウジ)  
1931(昭和6)年、京都生まれ。立教大学名誉教授。立教大学文学部英米文学科卒業。同大学院修士課程修了。さらに、同大日本文学科卒業。同大学院博士課程満期退学。専攻、万葉集及び近代文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)