• 本

北里柴三郎 雷と呼ばれた男 上 新装版

中公文庫 や32−5

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-12-206747-9
4-12-206747-2
税込価格 886円
頁数・縦 282P 16cm
シリーズ名 北里柴三郎

商品内容

要旨

第一回ノーベル賞を受賞するはずだった男、北里柴三郎。その波瀾に満ちた生涯は、医道を志した時から始まった。「肥後もっこす」そのままに、医学に情熱を傾ける柴三郎は、渡独後、「細菌学の祖」コッホのもと、破傷風菌の純粋倍養と血清療法の確立に成功する。日本が生んだ世界的医学者の生涯を活写した伝記小説。

おすすめコメント

齢三十二にして渡独を果たした柴三郎。「細菌学の祖」コッホの下、世界で初めて破傷風菌純粋培養を成功させる。日本近代医学の父の生涯を描いた評伝文学。

著者紹介

山崎 光夫 (ヤマザキ ミツオ)  
1947年福井市生まれ。早稲田大学卒業。放送作家、雑誌記者を経て小説家に。85年『安楽処方箋』で小説現代新人賞を受賞。医学・薬学関係に造詣が深い。98年『藪の中の家 芥川自死の謎を解く』で第十七回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)