• 本

これからの本屋読本

出版社名 NHK出版
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-14-081741-4
4-14-081741-0
税込価格 1,728円
頁数・縦 317P 19cm

商品内容

要旨

本と本屋を愛する人へ。最前線を駆ける著者が、15年考え続けた、新しい本屋像のすべて。「本の仕入れ方大全」収録。

目次

第1章 本屋のたのしみ
第2章 本は定義できない
第3章 本屋になるとはどういうことか
別冊 本の仕入れ方大全
第4章 小売業としての本屋
第5章 本屋をダウンサイジングする
第6章 本屋と掛け算する
Talk 本屋として生きるということ
第7章 本屋を本業に取り込む
第8章 本屋を本業から切り離す
第9章 ぼくはこうして本屋になった

おすすめコメント

個性的な店主たちが本屋の世界に巻き起こした変革の波。本書は、その最前線を駆ける著者が、人を引き寄せる小さな本屋を分析し、これからの本屋のあり方を展望する一冊。時代が求める新しい“本屋のかたち”とはどんなものか。大きな変革期にある本の世界において、人と本をつなぐ小さな本屋の可能性を照らし出す。

著者紹介

内沼 晋太郎 (ウチヌマ シンタロウ)  
ブック・コーディネーター/クリエイティブ・ディレクター。1980年生まれ。一橋大学商学部商学科卒(ブランド論)。本にまつわるあらゆるプロジェクトの企画やディレクションを行う「NUMABOOKS」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)