• 本

思想としての〈新型コロナウイルス禍〉

出版社名 河出書房新社
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-309-24966-7
4-309-24966-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 207P 21cm

商品内容

要旨

この危機は人類に何を問うているのか。この破局にどう向かいあうべきか。

目次

不可能なことだけが危機をこえる―連帯・人新世・倫理・神的暴力(大澤真幸)
オオカミが来た!―正しく怖がることはできるのか(仲野徹)
コロナウイルスで変わる世界(長沼毅)
新型コロナウイルスは社会構造の進化をもたらすのか(宮沢孝幸)
ポスト・パンデミックの人類史的転換(椹木野衣)
歴史が切れた後に―感染爆発するニヒリズム(與那覇潤)
台所な脳で?―Died Corona No Day(笙野頼子)
パンデミック、あるいは“資本”とその宿主(酒井隆史)
資本主義経済のなかに迂回路をひらく―タンザニアの人々の危機への対処から(小川さやか)
統治・功利・AI―アフターコロナにおけるポストヒューマニティ(木澤佐登志)
Enduring Life(in the time of Corona)(樋口恭介)
「ウンコ味のカレーか、カレー味のウンコか」?という究極の選択には「カレー味のカレー」を求めるべきである。(綿野恵太)
流感・舞踏(工藤丈輝)
自然状態の純粋暴力における法と正義(小泉義之)
自由意志なき“自由への道”―行動変容から欲望変質へ(江川隆男)
「人間に固有の原理としての愚劣」(石川義正)
感染症と階級意識(堀千晶)
カタストロフを思考せよ(白石嘉治×栗原康)

おすすめコメント

コロナウイルは人類を未曽有の危機へおいやろうとしている。感染症と文明、人間と病気などをめぐって、この危機がなげかける問いに思想家、専門家たちが向きあう、いま最も必要な一冊。