• 本

石の比較文化誌

出版社名 国書刊行会
出版年月 2004年1月
ISBNコード 978-4-336-04614-7
4-336-04614-X
税込価格 3,080円
頁数・縦 233P 22cm

商品内容

要旨

縄文土偶、ヨーロッパの街並み、沖縄の石製呪符、韓国の石仏―さまざまな地域、領域にわたって「石造文化」を比較研究し検証した論文集。

目次

第1部 比較研究の部(縄文土偶と記紀神話―ド=ブロス、フレイザーを援用した比較研究
考現紋章学試論―三角・渦巻文から渦菱・卍菱文へ
芸術空間としての都市)
第2部 地域研究の部(韓国・下体埋没仏の一考察
魁星樓小考―中国山西省の事例を中心に
沖縄の石製呪符)
第3部 テーマ研究の部(日光山寂光寺釘抜念仏信仰―絵画および石造図像による比較研究
北関東の石堂―中世・近世移行期の墓石文化について考える)

出版社
商品紹介

人類にとって「石」とは何か。縄文土偶からヨーロッパの街並みまで様々な地域・領域の「石造文化」を比較研究し検証した論文集。

著者紹介

石塚 正英 (イシズカ マサヒデ)  
立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程(文学博士)。東京電機大学理工学部教授。立正大学史学会理事。日本石仏協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)