• 本

エヴァ・トラウト

ボウエン・コレクション

出版社名 国書刊行会
出版年月 2008年2月
ISBNコード 978-4-336-04985-8
4-336-04985-8
税込価格 2,750円
頁数・縦 450P 20cm

商品内容

要旨

無口で大柄、ジャガーを乗り回すヒロイン、エヴァ・トラウト。母親はエヴァを産むとすぐ、恋人と駆け落ちして飛行機事故で亡くなり、男の愛人を連れていた父親はのちに自殺し、莫大な遺産をエヴァに残す。巨万の富を手にしたエヴァは、イギリスを飛び出して渡米し、一人の少年を連れてホテルのスイートを転々とする。8年後、少年とともにイギリスに帰ってきた彼女に起きたこととは―涙とことばと愛をめぐる少女のクロニクル。20世紀イギリスを代表する女性作家ボウエン、晩年の傑作長篇。ジェイムズ・テイト・ブラック賞受賞、ブッカー賞候補作。

出版社
商品紹介

ウルフ、マードック、レッシングに並ぶ、20世紀英国最高の女性作家ボウエン、最晩年の傑作長編。第2回ブッカー賞候補作。本邦初訳。

著者紹介

ボウエン,エリザベス (ボウエン,エリザベス)   Bowen,Elizabeth
1899〜1973。アングロ・アイリッシュの作家。アイルランドにある一族の居城ボウエンズ・コートを維持しながら、イギリスを本拠地として二度の世界大戦の戦火をくぐり、生涯で長篇小説10篇と約90の短篇小説を書いた。アングロ・アイリッシュ特有の映像感覚と言語感覚にすぐれ、イギリスとアイルランドの数世紀にわたる対立の歴史や二度の世界大戦を招いた20世紀という激動の歴史が、ボウエンの一見上品なお茶会や少女やゴーストの世界に色濃く反映していることもあって、20世紀を代表する作家としての評価が高まっている。代表作『パリの家』(1935)はイギリスで20世紀の世界文藝ベスト50の一冊に選ばれ、『エヴァ・トラウト』(1969)は1970年のブッカー賞の候補になった
太田 良子 (オオタ リョウコ)  
東京生まれ。東京女子大学文学部英米文学科卒。学位論文はT.S.エリオット。71〜75年ロンドン在住。79年東京女子大学大学院英米文学研究科修士課程修了。修士論文はヘンリー・ジェイムズ。81年東洋英和女学院短期大学英文科に奉職。94〜95年ケンブリッジ大学訪問研究員。98年より東洋英和女学院大学国際社会学部教授。日本文藝家協会会員。三代目のクリスチャン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)