• 本

井上ひさしの劇世界

出版社名 国書刊行会
出版年月 2012年8月
ISBNコード 978-4-336-05495-1
4-336-05495-9
税込価格 3,300円
頁数・縦 458,46P 19cm

商品内容

要旨

日本文学と演劇に多大な影響を与えた井上ひさし。その活動の軌跡を、現代演劇評論の第一人者であり、井上ひさしと交流のあった著者が丹念に浮かび上がらせる。巻末には詳細な「井上ひさし年譜」を収録。

目次

第1部 作家論・作品論・人物論(神ある道化―井上ひさし論
井上ひさしのおかしな世界 ほか)
第2部 井上ひさし氏追悼(笑いの底に不条理への怒り―井上ひさし氏を悼む
「遅筆」の背後にあったもの ほか)
第3部 井上ひさし劇の劇評(牧歌的物語を風刺劇に逆転―『十一ぴきのネコ』劇評
文句なしに笑える―『日本人のへそ』(再演)劇評 ほか)
第4部 作品評・解説・書評(愛と救済のナンセンス―『ブンとフン』解説(文庫版)
愛着と批判と笑いの爆弾―『日本人のへそ』『表裏源内蛙合戦』解説(文庫版) ほか)
「井上ひさし論」余論

出版社
商品紹介

現代演劇評論の第一人者が、「井上ひさし」を語りつくす。劇作家・作家としての井上ひさし、そしてその数々の舞台が鮮やかに蘇る評論集。年譜も収録。

著者紹介

扇田 昭彦 (センダ アキヒコ)  
演劇評論家。1940年、東京生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒。朝日新聞学芸部の記者、編集委員を経て、静岡文化芸術大学教授を務めた。元・国際演劇評論家協会(AICT)日本センター会長。主な著書に『現代演劇の航海』(リブロポート、芸術選奨新人賞)、『唐十郎の劇世界』(右文書院、AICT演劇評論賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)