• 本

北京をつくりなおす 政治空間としての天安門広場

出版社名 国書刊行会
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-336-05949-9
4-336-05949-7
税込価格 5,940円
頁数・縦 402P 22cm

商品内容

要旨

1989年の事件以来、中国の最も有名な場所となった天安門広場―天安門の持つ重大な象徴性とその変遷を、歴史・美術・建築・社会学・人類学等あらゆる方面から解析しつくした学際的名著。

目次

1 天安門広場―その政治的な歴史
2 為政者の顔―天安門と毛沢東の肖像
3 人民のディスプレイ―祝日パレードとディスプレイ用建設
4 時のモニュメント性―鼓楼から「香港時計」まで
5 広場のアート―主題から場へ
おわりに 新ミレニアムへ

著者紹介

中野 美代子 (ナカノ ミヨコ)  
1933年生れ。中国文学者。北海道大学文学部卒。北海道大学名誉教授
大谷 通順 (オオタニ ミチヨリ)  
1956年生れ。中国文学者。北海道大学大学院文学研究科博士課程中退。北海学園大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)