• 本

「ありがとう禅」が世界を変える

出版社名 春秋社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-393-13599-0
4-393-13599-7
税込価格 1,836円
頁数・縦 209P 19cm

商品内容

要旨

いま瞑想が静かなブームを呼ぶ。長年、“道”の研鑽を積んできた著者が、自らの禅的経験と学的蓄積をふまえて、満を持して放つ「至福の瞑想法」とは。仏教瞑想の極地を示す、注目の書。

目次

第1章 「自由な精神」を取り戻そう
第2章 瞑想はスポーツだ―フロー、ゾーン、「光の意識」
第3章 「ありがとう」は現代のマントラ―声の力
第4章 「ありがとう禅」の三本柱
第5章 プチ断食で「細胞革命」―「ありがとう断食セミナー」
第6章 ストレスなんかに負けるな―瞑想で心を鍛える
第7章 フロー人生を楽しもう―「ありがとう」の心が開く
第8章 「ありがとう禅」から「結びの思想」へ

おすすめコメント

いま瞑想が静かなブームを呼ぶ。長年、禅の研鑽を積んできた著者が、自らの経験と学的蓄積をふまえて、満を持して放つ「至福の瞑想法」とは。「ありがとう禅」の実際と思想を語り、仏教瞑想の極地を示す注目の書。人生と世界が幸せになるために、できること。

著者紹介

町田 宗鳳 (マチダ ソウホウ)  
1950年京都市生まれ。幼少のおり、キリスト教会に通う時期もあったが、14歳のおり、家出をして仏門に入る。以来20年間、京都の臨済宗大徳寺で修行。34歳のとき寺を離れ、渡米。のちハーバード大学神学部で神学修士号およびペンシルバニア大学東洋学部で哲学博士号を得る。プリンストン大学助教授、国立シンガポール大学准教授、東京外国語大学教授、広島大学大学院総合科学研究科教授を経て、広島大学名誉教授、都留文科大学特任教授、ふじのくに地球環境史ミュージアム客員教授、天台宗僧侶、「ありがとう寺」住職。研究分野は比較宗教学、比較文明論、生命倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)