• 本

「わたしは甘えているのでしょうか?」〈27歳・OL〉

出版社名 青春出版社
出版年月 2006年9月
ISBNコード 978-4-413-03607-8
4-413-03607-7
税込価格 1,606円
頁数・縦 232P 20cm

商品内容

要旨

バカバカしくも切実な悩みに村上龍が優しく答える。『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)「ミクロの決死件」の原案となった悩み相談。

目次

村上龍さんが人を採用するときはどんな基準で選びますか?
フリーターや派遣社員は「時間の切り売りだ」と親がダメ出しします…
顔も頭も大してよくない私ですが玉のコシにのれるでしょうか?
お金持ちになるよりも、そこそこのお金で満足したほうが幸せでは?
29歳。このまま仕事を続けていくことに不安が…
尊敬できる人がいない環境で働くのはツライと思いません?
貯金できる金がなくて、でもしたほうがいいのか…?
転職活動中、連続で20社も落とされました。年をとるとデメリットばかりが増えることにイラだちます
もっとラクな仕事につきたいのですが、甘えているのでしょうか?
親が唯一の財産である実家を売り払ってしまい不安な毎日です〔ほか〕

著者紹介

村上 龍 (ムラカミ リュウ)  
1952年長崎県佐世保市生まれ。武蔵野美術大学中退。76年『限りなく透明に近いブルー』で芥川賞受賞。現在、メールマガジン「Japan Mail Media」を配信中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)