• 本

日本人 数のしきたり

青春新書INTELLIGENCE PI−176

出版社名 青春出版社
出版年月 2007年7月
ISBNコード 978-4-413-04176-8
4-413-04176-3
税込価格 770円
頁数・縦 187P 18cm

商品内容

要旨

なぜ、神社では「二礼二拍手一礼」なのか?得意技を「十八番」と呼ぶワケは?―その数字に託された、日本人の知恵と伝統。

目次

「一」のしきたり
「二」のしきたり
「三」のしきたり
「四」のしきたり
「五」のしきたり
「六」のしきたり
「七」のしきたり
「八」「九」のしきたり
「十」以上のしきたり
「百」「千」「万」「億」のしきたり

おすすめコメント

『日本人のしきたり』第二弾。 なぜ神社では「二礼二拍手一礼」なのか? 得意技を「十八番(おはこ)」と呼ぶワケは? 伝統的なしきたりの中に残る「数」の由来を通して、日本人ならではの知恵と心をさぐる一冊。

出版社・メーカーコメント

あの、72万部突破の超ロングセラー『日本人のしきたり』の第2弾、『日本人 数のしきたり』が好調なスタート!日本人の生活に密着している「数」には数量をはかるだけでなく、日本人の伝統と知恵が込められています。「数」にまつわるさまざまな日本のしきたりを、その由来とともにご堪能ください。前作同様、仕掛ければ売れます!「しきたりブーム」はさらに続きます!!

著者紹介

飯倉 晴武 (イイクラ ハルタケ)  
1933年東京生まれ。東北大学大学院修士課程(日本史専攻)修了。宮内庁書陵部図書課首席研究官、同陵墓課陵墓調査官等を歴任。93年退官後は、奥羽大学文学部教授、日本大学文理学部講師等を経て、現在は著述に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)