• 本

「親の介護・認知症」でやってはいけない相続 相続専門税理士が教える家族がまとまるヒント

青春新書INTELLIGENCE PI−586

出版社名 青春出版社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-413-04586-5
4-413-04586-6
税込価格 1,023円
頁数・縦 185P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

1万件の相続を見てきた税理士だけが知っている「終活したら?」「遺言を書いて」と子に言われた親の本音とは。うまくいく家族は、「相続前」「相続後」に何をやっていたのか―?認知症800万人時代を乗り越える、相続専門税理士の知恵。

目次

序章 「介護・認知症の相続」にはコツがある―超高齢社会が相続に与える影響(「相続専門税理士」だけが知っている相続法改正の背景
相続を難しくする「介護・認知症」の問題 ほか)
第1章 40年ぶりの相続法改正でここが変わった!―押さえておきたい相続の基本(相続法改正の7つのポイント
「相続人にならない人」にも相続が発生する ほか)
第2章 「親の認知症」でやってはいけない相続―「親のため」と思ってもこんなやり方は逆効果!(認知症になったら「親のお金」はどうなる!?
認知症になる前にできる対策 ほか)
第3章 「親の介護」でやってはいけない相続―カギを握るきょうだいの情報共有(「介護した人」への貢献度が認められた相続法改正
「寄与分」での支払いは妥当なのか ほか)
第4章 「人生100年時代」の円満相続のヒント―うまくいく相続にはこんな共通点があった!(家族がまとまる相続の4つの法則
親とのつきあい方のヒント ほか)

出版社・メーカーコメント

「人生100年時代」になった今、親の介護や認知症の問題はもはや他人事ではない。銀行で親のお金が下ろせない「預金凍結」なども起こり得るのだ。そこで親の通帳を管理しようとしたり、相続対策を迫ると、「親のため」でもかえってモメる原因になることもある。本書では、1万件以上の相続を見てきた税理士が家族がまとまるヒントを解説。40年ぶりに改正した相続法にも対応。