• 本

つい「気にしすぎる自分」から抜け出す本 ちょっとした心のクセで損しないために

青春文庫 は−19

出版社名 青春出版社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-413-09718-5
4-413-09718-1
税込価格 745円
頁数・縦 222P 15cm

商品内容

要旨

他人のちょっとした言葉やふとした態度が、ずっと気になってしまう…そういう人は、優しい人や責任感が強い人、真面目に生きている人に多いようです。そんな良い人たちが損をしないように、疲れてしまわないように、心おだやかに生きるための心のもち方のコツを、本書ではご紹介します。ストレスから解放されると、今まで「気にすること」に使っていたエネルギーをワクワク楽しいことに使えるようになります。そんな素敵な自分になってみませんか。

目次

1章 どうして小さいことが気になってしまうんだろう?―生きづらさを感じている、あなたへ(一人反省会、していませんか?
反省は、こうしてどんどんうまくなる ほか)
2章 この世は「気にする人」と「気にしない人」に分かれてる―その深層心理をさぐってみる(からかわれたとき、傷つくか傷つかないか
クヨクヨする人、跳ね返せる人、ここが違う ほか)
3章 「気になる」のではなく、「気になるようにさせられて」いた!?―あなたの周りの迷惑な他人たち(うんざりさせられる、自慢ばかりする人
イライラしていて、攻撃的な言葉を言ってくる人)
4章 ささいなことが気にならなくなる小さな習慣―心のクセがちょっとだけ変わる考え方や思考、行動のヒント(「他人の目」に振り回されなくなるヒント
「失敗が怖い」気持ちは手放せます ほか)
5章 今の自分を愛することからはじめよう―ありのままを受け入れる、認める(気にしない自分になる自己嫌悪活用術
誰かを批判しているとき、じつは自分を批判している ほか)

著者紹介

原 裕輝 (ハラ ヒロキ)  
心理カウンセラー。家族関係、恋愛、結婚、離婚、仕事における対人関係のカウンセリングで数多くの実績がある。東京・名古屋・大阪でカウンセリングを行うほかワークショップも多数開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)