• 本

図解「人づきあいが面倒!」なときのマインドフルネス 「自分中心」で心地よく変わるラビング・プレゼンスの秘密

出版社名 青春出版社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-413-11249-9
4-413-11249-0
税込価格 1,296円
頁数・縦 95P 21cm

商品内容

要旨

自分を先に満たすと、自然といい関係が生まれていく。「今ここ」「自分中心」「そして、相手も心地よくなる」その仕組みが、豊富な図&イラストでまるわかり!

目次

1章 なぜ、つらく苦しい思いばかりしてしまうのか?(人間の脳は生まれつき「マイナス好き」にできている
脳の「マイナス好き」は警戒態勢をなるべく保たせるため ほか)
2章 なぜ、人の心はすれ違いがちなのか?(分かりあいたいのに「分かっているつもりの法則」がすれ違いを引き起こす
相手を決めつけたがる「ラベル付け」と、それがもたらす「マンネリ化」 ほか)
3章 自分も相手も心地よい「一歩進んだマインドフルネス」(「ラビング・プレゼンス」とは?
「ラビング・プレゼンス」の基本 ほか)
4章 人間関係がラクになるラビング・プレゼンス実践法(まずは“心地よさ”に目を向けよう!
相手と仲良くなる前に、自分自身と仲良くなろう! ほか)
5章 気づいたら「幸せな自分」になっている、5つのヒント(「いい体験を味わう」を、毎日の習慣にしよう!
「リラックスして、ゆだねる姿勢」を養おう! ほか)

著者紹介

高野 雅司 (タカノ マサジ)  
1962年生まれ。一橋大学卒。心理学博士(Ph.D.)。コンサルティング会社勤務を経て、30歳で渡米。「カリフォルニア統合学研究所」の東洋西洋心理学部にて博士号を取得。また、ハコミセラピーの公式トレーニングを修了し、心理臨床の経験も深めた後に帰国。「日本ハコミ・エデュケーション・ネットワーク」代表として、ハコミセラピーの紹介と普及に携わる。また、各種の企業、教育機関、社会福祉団体などでコミュニケーション全般に関する教育研修活動なども行う。2011年、新たに「日本ラビングプレゼンス協会」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)