• 本

スマホで子どもが騙される 元捜査一課刑事が明かす手口 親の知らないSNS・ネットの危険な世界

出版社名 青春出版社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-413-23191-6
4-413-23191-0
税込価格 1,540円
頁数・縦 204P 19cm

商品内容

要旨

スマホの利用を制限したり、有害情報をブロックしたりして、安全対策をしているから大丈夫だと思っていませんか?今、オンライン化が急速に進み、SNSやオンラインゲームがらみの犯罪や事件に巻き込まれる子どもたちが急増中!どんな手口で誘導されるのか、どんな心理メカニズムで騙されるのか―。

目次

プロローグ スマホを「持たせない」から「安全に持たせる」へ―10歳からのネットリテラシー
第1章 親が知らない!SNSやゲームで起きた恐怖の事件簿(SNSやゲームがらみの誘拐・監禁
闇バイト
不適切写真・動画の投稿 ほか)
第2章 クイズで学ぶ!スマホに潜むワナと安心安全な使い方(人物像当てクイズ―どんな人物を思い浮かべますか?
特定班クイズ―個人が特定される情報はどれ?
情報セキュリティクイズ1―親のスマホを使わせるとき、やってはいけないことは? ほか)
第3章 スマホが奪う直観力!子どもを守る「4つの力」の育て方(疑うところから始める
先入観を持たない
コミュニケーションのすれ違いは悪いことではない ほか)
付録 書き込み式子どもの直観力を鍛える「発見ノート」

出版社・メーカーコメント

ステイホームで子どもたちのネット利用が高まっている今、必読!なぜ、どのようにして、子どもたちはSNSやオンラインゲームがらみの犯罪や事件に巻き込まれてしまうのか。SNS誘拐、自撮り性被害、誹謗中傷、闇バイト、ネットストーカー、不適切動画…元捜査一課刑事が明かす「親の知らないSNS・ネットの危険な世界」。

著者紹介

佐々木 成三 (ササキ ナルミ)  
1976年、岩手県生まれ。元埼玉県警察本部刑事部捜査第一課の警部補。デジタル捜査班の班長として主にスマートフォンの解析を専門とし、サイバー犯罪の捜査にも関わる。また、数多くの重要事件捜査本部において、被疑者の逮捕、取り調べ、捜査関係者からの情報収集、被害者対策、遺族担当に従事し、数多くの実績をあげた。2017年、「事件を取り締まるのではなく、犯罪を生まない環境をつくりたい」という思いから埼玉県警を退職。現在は、多数のテレビ番組にコメンテーター、デジタル犯罪防止アドバイザーとして出演するほか、一般社団法人スクールポリス理事を務め、小中高生らが巻き込まれる犯罪を防止するための講演など、幅広い活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)