• 本

アフターバブル 近代資本主義は延命できるか

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-492-39653-7
4-492-39653-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

世界恐慌か、新しい中世か。異能の経済学者による衝撃の未来予測。

目次

プロローグ バブルがつくった経済成長、壊した経済成長
第1章 バブル・アフターバブルの30年―史上最悪の株価暴落はなぜ起こったか
第2章 コロナショックは史上最大級の危機か―「社会が一変する」はあり得ない
第3章 すべての価格はバブルである―原油先物マイナス40ドルは何を意味するか
第4章 日銀が行うべきは「新次元の金融政策」―量的緩和は時代錯誤
第5章 「安心」神話が財政を破綻させる―日本のコロナ対策が迷走する理由
第6章 「アフターコロナ」の資本主義―原点回帰の「経済モデル」へ

出版社・メーカーコメント

巨大バブルの崩壊が始まった! 経済、金融、マーケット、企業経営はどうなるのか? 東洋経済オンライン人気著者による緊急提言!

著者紹介

小幡 績 (オバタ セキ)  
1967年生まれ。1992年東京大学経済学部卒業後、大蔵省(現財務省)入省、1999年退職。2000年IMFサマーインターン。2001年〜03年一橋大学経済研究所専任講師。2001年ハーバード大学経済学博士(Ph.D.)。2003年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應義塾大学ビジネス・スクール)准教授。専門は行動ファイナンス。2010年〜14年まで年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)運用委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)