• 本

生命と自由を守る医療政策

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2011年8月
ISBNコード 978-4-492-70133-1
4-492-70133-8
税込価格 4,104円
頁数・縦 484,8P 20cm

商品内容

要旨

本当の問題、優先的に解決すべき問題を大胆に提示。今、なぜ理念が必要か。

目次

生命と自由を守る二段階理念(素朴な議論)
第1部 医療政策の歴史と理念(明治から戦前までの医療政策
戦後からの高度経済成長終焉期までの医療政策
一九八〇年代の医療政策
一九九〇年代以降の医療政策
日本の医療保障制度の問題点と理念の必要性)
第2部 生命と自由を守る二段階理念論(なぜ憲法論を展開するのか
個人主義と自律の原理
生命権と生命保障の原理
社会保障と共生の原理
現代正義論から考える
現代正義論と二段階理念論)
第3部 理念が要請する医療保障制度改革(理念と原理から導かれる制度原則
理念にもとづく医療保障の構想
救命医療の平等保障に向け
共生のための自立医療保障に向けて)

出版社
商品紹介

国民一人ひとりが主体的な人生設計を通じて幸福を追求しうる医療保障の理念を考察し、それに沿う制度改革の方向を示す画期的医療政策論。

著者紹介

印南 一路 (インナミ イチロ)  
1982年東京大学法学部卒業。ハーバード大学行政大学院、公衆衛生大学院で医療政策を研究し、1992年シカゴ大学経営大学院でPh.D.取得(組織論)。シカゴ大学助教授を経て、慶應義塾大学総合政策学部、政策・メディア大学院教授。一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構研究部長。『「社会的入院」の研究―高齢者医療最大の病理にいかに対処すべきか』(東洋経済新報社、2009年)は、第52回日経・経済図書文化賞、第1回政策分析ネットワーク賞本賞を受賞した
堀 真奈美 (ホリ マナミ)  
1994年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2002年同大学大学院政策・メディア研究科にて博士号取得。同年東海大学教養学部人間環境学科専任講師就任、2006年より准教授、現在にいたる。専門は医療・福祉政策、公共経営、社会保障の国際比較
古城 隆雄 (コジョウ タカオ)  
2003年慶應義塾大学総合政策学部卒業。2011年慶應義塾大学大学院政策メディア研究科にて博士号取得。現在、自治医科大学地域医療学センター地域医療学部門助教。専門は医療政策、社会保障論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)