• 本

アウステルリッツ 新装版

出版社名 白水社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-560-09748-9
4-560-09748-8
税込価格 3,300円
頁数・縦 298P 20cm
シリーズ名 アウステルリッツ

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ウェールズの建築史家のアウステルリッツは、帝国主義の遺物の駅舎、裁判所、要塞都市、病院、監獄を見て回り、語り手の“私”に向かって驚くべき博識を開陳し、暴力と権力の歴史を語る。

おすすめコメント

建築史家のアウステルリッツは、帝国主義の遺物の駅舎、要塞、病院、監獄を巡り、〈私〉に暴力と権力の歴史を語る。解説:多和田葉子

著者紹介

ゼーバルト,W.G. (ゼーバルト,W.G.)   Sebald,W.G.
1944年、ドイツ・アルゴイ地方ヴェルタッハ生まれ。フライブルク大学、スイスのフリブール大学でドイツ文学を修めた後、マンチェスター大学に講師として赴任。イギリスを定住の地とし、イースト・アングリア大学のヨーロッパ文学の教授となった。散文作品『目眩まし』『移民たち 四つの長い物語』『土星の環 イギリス行脚』を発表し、ベルリン文学賞、J・ブライトバッハ賞など数多くの賞に輝いた。遺作となった散文作品『アウステルリッツ』も、全米批評家協会賞、ハイネ賞、ブレーメン文学賞を受賞。2001年、住まいのあるイギリス・ノリッジで自動車事故に遭い、他界した
鈴木 仁子 (スズキ ヒトコ)  
1956年生まれ。名古屋大学大学院博士課程前期中退。椙山女学園大学教員。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)