• 本

コミンテルンの謀略と日本の敗戦

PHP新書 1108

出版社名 PHP研究所
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-569-83654-6
4-569-83654-2
税込価格 1,078円
頁数・縦 414P 18cm

商品内容

要旨

戦前の日本もスパイ天国だった…。ロシア革命が成功したあと、レーニンは世界革命を遂行すべく、「コミンテルン(共産主義インターナショナル)」をつくる。それは恐るべき思想と悪魔的な手法に裏打ちされた組織であった。そして大日本帝国は、やすやすとその謀略に乗せられ、第二次大戦に追い込まれていく。なぜ、そうなってしまったのか?実は、その背後には、日本の「自滅的」な大失敗があった。リヒャルト・ゾルゲ、尾崎秀実らの暗躍から、軍や政府内部の闇、左翼全体主義・右翼全体主義と闘った保守自由主義者の実像まで、隠された歴史の真実に迫る刮目の書。

目次

第1章 ロシア革命とコミンテルンの謀略―戦前の日本もスパイ天国だった
第2章 「二つに断裂した日本」と無用な敵を作り出した言論弾圧
第3章 日本の軍部に対するコミンテルンの浸透工作
第4章 昭和の「国家革新」運動を背後から操ったコミンテルン
第5章 「保守自由主義」vs「右翼全体主義」「左翼全体主義」
第6章 尾崎・ゾルゲの対日工作と、政府への浸透

おすすめコメント

レーニンがつくった世界革命組織・コミンテルン。日本はなぜ彼らの策動に乗ってしまったのか。隠された歴史の真実を抉り出す刮目の書。

著者紹介

江崎 道朗 (エザキ ミチオ)  
1962年、東京都生まれ。九州大学卒業後、月刊誌編集、団体職員、国会議員政策スタッフを務め、安全保障、インテリジェンス、近現代史研究に従事。現在、評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)