• 本

教養としてのスーツ センスなし、お金なし、時間なしでもできる世界レベルの着こなし

出版社名 二見書房
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-576-19195-9
4-576-19195-0
税込価格 1,540円
頁数・縦 271P 19cm

商品内容

要旨

誰でもカッコよく着こなせるようになる―これがスーツの正解!スーツの選び方、着こなし方、手入れの仕方を一気に学びなおす。

目次

第1章 シャツ(サイズ至上主義―いつもサイズが最優先
シャツがすべての始まり―シャツから揃える ほか)
第2章 スーツ(スーツを買う前に―スーツは3パターン
ジャケットのサイズ選択―肩のフィッティングを優先 ほか)
第3章 靴(靴選びの前提―夕方以降で3つのサイズを
靴の素材―革製、レザーソール ほか)
第4章 小物(タイは多くはいらない―タイは4本
柄も少なく―シルクで柄は無地、ドット、小紋、ストライプ ほか)
第5章 組み合わせ(初心者のためのマストルール―2色×2柄
不自由の理由―本書のアドバイスどおりに揃える ほか)

おすすめコメント

スーツに不可欠なシンプルな鉄則を覚えれば、誰でもカッコよく着こなせるようになる。迷えるスーツ難民のための新たなバイブル誕生!

著者紹介

井本 拓海 (イモト タクミ)  
1983年生まれ、山口県出身。国際協力事業に従事。25歳からヨーロッパ、中東、アジア、アフリカなど海外での業務や駐在を経験し、現在1年のうち4分の1は海外勤務である。各国の官僚や経営者との仕事を通じ、スーツの着こなしはビジネススキルの1つであることを痛感。それ以降、和洋問わずさまざまな文献にあたり、スーツの着こなしを徹底研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)