• 本

「つくす」若者が「つくる」新しい社会 新しい若者の「希望と行動」を読む

ベスト新書 506

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-584-12506-9
4-584-12506-6
税込価格 880円
頁数・縦 222P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

2016年夏の参議院選挙から選挙権年齢が引き下げられ、18歳以上20歳未満の「若者」たちが投票行動で政治に参加する。そのこともあり、現代の若者の意識や価値観、行動を知ろうとする機運が高まっている。そんな中、2015年3月出版の著書で現代の若者を形容するワードとして、従来の「ゆとり」「さとり」に代わる「つくし世代」を提示したのが藤本耕平氏だ。同著者による本書では、情報感度の高い大学生で構成される若者研究組織「ワカスタ」とともに生み出した「つくし世代」の行動と価値観をさらに掘り下げ、彼らが未来に向けてどのような社会をつくろうとしているのか、彼らの潜在能力を引き出すにはどうしたらいいかを探っている。著者は広告会社アサツー ディ・ケイ(ADK)で企業の戦略マーケティングに関わり、2010年から若者プロジェクトリーダーとして研究活動を行っている。前著は『つくし世代「新しい若者」の価値観を読む』(光文社新書)。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年05月10日]

商品内容

要旨

右肩がりの時代を知らない今どきの若者たち。少子高齢化の重荷を背負い、就職氷河期をしのぎ、「ゆとり」教育で上の世代からバカにされ、消費意欲がない傾向を「さとり」と揶揄される。しかし、それゆえに力強い現実認識のもと決して「権威に踊らされないマインド」を育んでいた。「身近な仲間のために“つくし”喜びをシェアしながら自分もハッピーになろう」と願う若者たちは、自分の価値観を信じ、ネットを駆使し、快適な「居場所(コミュニティ)を」を「つくり」あげている。そんな「つくす」若者たちとともに歩む気鋭のマーケッターが彼らの「消費選択」の背景と、社会参画の真意を分析。若者が「つくる」新しい社会の可能性に迫る。

目次

第1章 「自分が主役」になる環境で育った―つくし世代は、上世代と何がどう違うのか
第2章 コミュニケーションは「広く、深く、軽く」―つくし世代は、他人とどう関わるのか
第3章 お金より大事なもの―つくし世代が本当に求めている「居場所」と「仕事観」
第4章 若者が生き生きと働ける環境とは何か―コーディネーターの存在と「ナナメ」の関係
第5章 恋愛、結婚、家族よりも優先されるもの―つくし世代の恋愛・結婚・家族観
第6章 「身近な」ところから「しか」変えられない!―つくし世代にとって「政治」とは何か
終章 つくし世代の良さを引き出すために―「それな!」で共感するとき、ものすごいエネルギーを生む

おすすめコメント

自分ごとのように他人に「つくす」若者の希望とは。気鋭のマーケッターが18歳選挙権を持つ240万人と若者のホンネの行動に迫る。

著者紹介

藤本 耕平 (フジモト コウヘイ)  
1980年、神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業。2002年、株式会社アサツーディ・ケイ(ADK)に入社後、現在まで14年間、様々なジャンルで企業の戦略マーケティング業務に携わる。10年から若者プロジェクトリーダーとして研究を開始。12年、情報感度の高い学生メンバーで構成する若者研究部隊「ワカスタ(若者スタジオ)」を創設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)