• 本

埼玉地名の由来を歩く

ベスト新書 561

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-584-12561-8
4-584-12561-9
税込価格 920円
頁数・縦 319P 18cm

商品内容

要旨

全国5位730万人もの人が住む埼玉の魅力が地名でわかる!!古代史・街道筋の謎を解く!

目次

第1章 古代史に彩られた「彩の国」埼玉(武蔵国の中心は「埼玉」だった!
秩父に「和銅」の痕跡をたどる ほか)
第2章 現代都市 地名の由来を探る(川口市―キューポラのある街と鳩ヶ谷
蕨市―藁の火を焚いた伝説から ほか)
第3章 埼玉の生んだ偉人の生地を訪ねる(塙保己一―ヘレン・ケラーはなぜ知っていたか
渋沢栄一―「論語と算盤」の思想 ほか)
第4章 「埼玉県難読地名」検定(埼玉
嵐山 ほか)

おすすめコメント

大好評「地名の由来を歩く」シリーズ第7弾!今回の舞台は古代史に彩られた「彩の国」埼玉県。蕨市や鴻巣市などの地名の由来から、渋沢栄一、塙保己一といった偉人の生地、加須、嵐山などの埼玉県の難読地名検定まで、埼玉県民必読の一冊!

著者紹介

谷川 彰英 (タニカワ アキヒデ)  
1945年長野県松本市生まれ。ノンフィクション作家。東京教育大学(現筑波大学)卒、同大学院博士課程修了。柳田国男研究で博士の学位(筑波大学)を取得。筑波大学教授、理事・副学長を歴任するも、退職と同時にノンフィクション作家に転身し、第二の人生を歩む。文献を丹念にひもとき、実際に現地を取材する手法に定評がある。テレビ・ラジオなどでも活躍。日本地名研究所前所長。筑波大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)