• 本

医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-584-13542-6
4-584-13542-8
税込価格 1,080円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

仕事がツライ、子育てがしんどい。それは自分への愛が足らないせい!?幼少期に刷り込まれた「お母さん病」から卒業しましょう!「お母さん病」とはなにか、そこから脱出するにはどうしたらいいかを、実例をもとに解説。

目次

第1章 「お母さん病」ってなんだろう?
第2章 うつもがんも、リウマチも「お母さん病」?
ぼくがメンタルセラピーでよく使う言葉
第3章 これからの自分を楽にする「思い込み」の変え方
第4章 こんなとき、どうする?
第5章 心と体、ダブルで治していきましょう
第6章 女性性が世界を幸せに変える

出版社
商品紹介

うつの根本原因には、幼少期の親からの刷り込み「お母さん病」があった。刷り込みに気づき、それを書き換えて、うつを治す方法。

著者紹介

宮島 賢也 (ミヤジマ ケンヤ)  
薬を使わない精神科医・湯島清水坂クリニック院長。1973年神奈川県生まれ。防衛医科大学校を卒業し、研修中に意欲がわかず精神科を受診、うつ病の診断を受ける。自身が7年間抗うつ剤を使った経験から、「薬でうつは治らない」と気づき、医師以外の人や書物から食生活や人間関係、潜在意識や考え方を変えることの大切さを学び、うつ病を克服する。その経験を踏まえ、患者が自ら悩みに気づき、それを解決するお手伝いをするメンタルセラピーを開発。現在、国際メンタルセラピスト協会専務理事であり、メンタルセラピストの養成を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)