• 本

世界を動かした「偽書(フェイク)」の歴史

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-584-13838-0
4-584-13838-9
税込価格 1,566円
頁数・縦 249P 19cm

商品内容

要旨

ユダヤ人大量虐殺の根拠は、一冊の「偽書」だった―かくも人間は騙し、騙される。フェイクニュース時代にメディアリテラシーを高めるための必須教養。

目次

序章 偽書とは何か―虚構と偽書の違い
第1部 歴史を変えた五つの偽書(シオン賢者の議定書―ホロコーストを招いた史上最悪の偽書
田中上奏文―日本軍のシナリオか、捏造か ほか)
第2部 専門家ほど騙される偽書(武功夜話―戦国時代を見てきたように語る偽書
東日流外三郡誌―反天皇派が信じたがった大津波で消えた幻の王朝 ほか)
第3部 偽書の宝庫「古史古伝」(竹内文献―壮大なスケールの神話か歴史か、それともフィクションか
富士宮下文献―富士山にまつわるもうひとつの古代史 ほか)
第4部 SFのような偽書群(秘密の教義―ナチス・オカルティズムの原典
未来記―聖徳太子が記した予言の書 ほか)

おすすめコメント

ナチスのユダヤ人大量虐殺が一冊の「偽書」が根拠になっていた! フェイクニュースが瞬時に全世界を駆け巡る時代に、メディアリテラシーを高めるための「教養としての偽書(フェイク)史」。

著者紹介

中川 右介 (ナカガワ ユウスケ)  
作家、編集者。1960年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。出版社勤務の後、アルファベータを設立し、代表取締役編集長として雑誌『クラシックジャーナル』、音楽家や文学者の評伝や写真集の編集・出版を手掛ける(2014年まで)。その一方で作家としても活躍。クラシック音楽の他、歌舞伎、映画、歌謡曲、漫画、ミステリなどにも精通。膨大な資料から埋もれていた史実を掘り起こし、歴史に新しい光を当てる執筆スタイルで人気を博している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)