• 本

最新科学が進化させた世界一やさしいがん治療

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-584-13842-7
4-584-13842-7
税込価格 1,350円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

要旨

「思い込み」を捨てれば、最善の治療法を判断できる。ストーリーでわかるがん治療の真実。

目次

第1章 「手術が一番」とは限らない(早期がんが見つかったある男性の物語1
がん治療の思い込み1―早期がんの治療は手術が一番である ほか)
第2章 進化するがん治療最新の知識(早期がんが見つかったある男性の物語2
がん治療の思い込み5―セカンドオピニオンは新たな主治医探しである ほか)
第3章 楽な治療を選んでいい(早期がんが見つかったある男性の物語3
がん治療の思い込み10―楽な治療法などあるわけがない ほか)
第4章 最適な治療の選び方(早期がんが見つかったある男性の物語4
がん治療の思い込み14―大学病院なら安心 ほか)
第5章 「高額を払えば治る」は幻想(早期がんが見つかったある男性の物語5
がん治療の思い込み19―がんになったのは自分のせい ほか)

おすすめコメント

「痛い・苦しい・長期」と考えられてきたがん治療が、今次々と進化をしている。キャリア23年の放射線治療医が、必要以上に「切られている」がん治療へ警鐘を鳴らし、正しい最新情報を授ける。

著者紹介

武田 篤也 (タケダ アツヤ)  
放射線治療専門医。1994年、慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院、防衛医科大学校病院、都立広尾病院にて放射線治療診療を行う。2005年に大船中央病院に赴任し、放射線治療センターを開設。以降13年あまりの間に、全国有数の高精度放射線治療施設とする。SBRT(体幹部定位放射線治療)を2000例以上行う(肝臓がんは世界1位、肺がんは国内2位)。70編以上の医学英文論文に加えて専門書『The SBRT book』(篠原出版新社刊)を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)