• 本

証券会社がひた隠す米国債投資法

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-584-13843-4
4-584-13843-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

目次

第1章 儲け話は山ほどあるけどリスクも山盛り
第2章 なぜ日本人はタンス預金が好きなのか?
第3章 お金が勝手に増えていく米国債投資の仕組み
第4章 ノーリスク、ストレスフリーの米国債の秘密
第5章 デメリットは米国が破産したときだけ
第6章 生命保険をやめて米国債を買う
第7章 老後の資金が毎月10万円入ってくる
教えて!米国債Q&A

おすすめコメント

元本保証で、100万円が30年後には250万円になって返ってくる。円安になれば、さらに殖える。証券会社がいちばん儲からない、今、世界中で、もっとも安心・確実な投資法──それが米国債です。

著者紹介

杉山 暢達 (スギヤマ ノブミチ)  
株式会社ゴールドハーツ代表。1967年大阪府生まれ。1989年京都大学法学部を卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。2000年マネージングディレクター。2004年パートナー(全社員のなか上位約300人)に選ばれるも、これを辞退。2005年ゴールドマン・サックス証券を退職し、金融業界を引退。ファイナンシャルプランナーとなり、株式会社ゴールドハーツを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)