• 本

生きづらさを抱えるきみへ 逃げ道はいくらでもある−#withyou−

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-584-13912-7
4-584-13912-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 290P 19cm

商品内容

要旨

この本の中には、たくさんの“逃げ方”が紹介されています。

目次

戦慄かなのさん―「子どもは絶対に悪くない」虐待を受け非行、少年院で出会った先生
サヘル・ローズさん―学校では「ばい菌」と呼ばれる毎日…私の「心の傷」との向き合い方
たらればさん―「学校に行きたくない」ことはごく普通なこと 学校がつらい時に「ツイッターに逃げよう」
伊東歌詞太郎さん―「いじめられた時、音楽に救われた」そんな僕が歌う意味
キンタロー。さん―「楽しかったのは1学期だけ」だった キンタロー。さんを救った「小さな逃げ場所」
文学ユーチューバー、ベルさん―「あなたらしくいられればいい。チャンスはゴロゴロ転がっている」人気ユーチューバーの思い
安田祐輔さん―DV・いじめ…「どん底」を見た元商社マンが「学び直し」塾を作った理由
一色文庫の店主さん―「僕とじっと耐えましょう」悩める人が集まる古書店からのメッセージ
蛭子能収さん―「仲間外れにしてほしかった」蛭子さんが群れなかった理由
寺坂直毅さん―「自分のハガキが読まれた!」深夜ラジオに救われた不登校の夜
マドカ・ジャスミンさん―自殺未遂も経験した元不登校児が語る「恥ずかしさも後ろめたさもひとつの個性」
虹山つるみさん―不登校をセパタクローが救う!異色の小説、作者の「過去」
谷本仰さん―「死ぬな、にげろ」ツイート後に起きたこと…牧師が語る「#withyou」
嬉野雅道さん―『水曜どうでしょう』ディレクターが語る「自分の人生の主導権を握ろう」
岡勇樹さん―「仲間もなく、すがれるものもなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
小林凜さん―僕の居場所は俳句だった…凄惨なイジメを受けた「ランドセル俳人」の今
春名風花さん―いじめを問題を発信し続ける俳優が「いじめている君へ」「いじめていた私」に関する投稿を読んだら
樹木希林さん―「自分で命を絶つことだけはやめようと生きてきた」樹木希林さんが若者に送る直筆メッセージ

おすすめコメント

生きづらさを抱える10代」に向けた企画で、いじめや不登校を経験したことのある著名人(タレント、ミュージシャン、YouTuber、クリエイター等)が自らの体験談を掲載し、朝日新聞社がスタートしたニュースサイト「withnews」内の1コーナーが「#withyou」。その体験談を一冊にまとめたのが本書です。学校や友達付き合いに悩んでいる人に“学校に行きたくなければ行かなくても前々大丈夫”“今の時代、生きていく道はたくさんある。自ら死を選ばないで”という輪を広げていくことを目的とした一冊。