• 本

日本共産党政権奪取の条件

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-584-13932-5
4-584-13932-6
税込価格 1,404円
頁数・縦 204P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

誰が国を滅ぼし、誰が国を守るのか!?

目次

第1章 カジノ・万博、アホちゃうか
第2章 維新と吉本興業が大阪をダメにした?
第3章 日本共産党はなにをやろうとしているのか
第4章 自衛隊と日米安保
第5章 日本を滅ぼした安倍政権
第6章 閉塞感を乗り越えるために

おすすめコメント

元芸人にして日本共産党大阪府委員会副委員長、そして現衆議院議員清水忠史に対して、共産主義の欺瞞、日本共産党に対する不信を適菜収が徹底的にぶつけた、双方一歩も引かない過激な対談が実現。しかし、そのなかにもこの国の現状と打開策について見えてきた異色の対談集です。

著者紹介

適菜 収 (テキナ オサム)  
1975年山梨県生まれ。作家
清水 忠史 (シミズ タダシ)  
1968年5月5日大阪府生まれ。日本共産党衆議院議員(2期)。党大阪府委員会副委員長。大阪経済大学中退後、飲食店で働く傍ら松竹芸能のオーディションに合格し、漫才コンビツインタワーを結成(1993年〜1995年)、テレビ番組にも出演した。阪神淡路大震災(1995年)のボランティアを契機に政治に関心を深め、日本共産党に入党(1997年)。その後専従職員となり、「しんぶん赤旗」梅田出張所長に。2007年の大阪市会議員選挙(福島区選挙区定数2)で当選。当時の平松邦夫市長と論戦を交わす。任期途中であった2010年に参議院選挙大阪選挙区から国政をめざすも落選。その後、国政をめざす中で「ラジオ派遣村」(ラジオ大阪)、「Charge up RADIO」(Kiss FM KOBE)でパーソナリティも務めた。2014年の衆議院選挙で比例代表近畿ブロックから初当選。2017年総選挙では次点に泣くも、2019年4月繰り上げ当選となり、国政復活を果たす。国土交通委員会、地方創生特別委員会に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)