• 本

卑弥呼 封印された女王の鏡

ワニ文庫 P−272 異端の古代史 2

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-584-39372-7
4-584-39372-9
税込価格 720円
頁数・縦 255P 15cm

商品内容

要旨

「邪馬台国論争」において封印された鏡。その鏡の名は、『金銀錯嵌珠龍文鉄鏡』。大分県日田市で出土し、重要文化財として東京国立博物館に保存もされている至宝“卑弥呼の鏡”はなぜ、黙殺され続けるのか?記紀をはじめ、考古学、伝承、地形、あらゆる視点を駆使し辿りついた、邪馬台国からヤマト建国の真実。古代史最大のミステリーが今明かされる。

目次

第1章 闇に消えた卑弥呼の鏡
第2章 金銀錯嵌珠龍文鉄鏡と卑弥呼の謎
第3章 二つの邪馬台国・卑弥呼と台与の確執
第4章 邪馬台国の深層
第5章 トヨの悲劇
終章 邪馬台国とカゴメ歌

おすすめコメント

悲劇の地・日田(大分)に出土した鏡が導く、古代史最大の謎!「邪馬台国論争」とは何か?二つの邪馬台国・卑弥呼と台与の確執!そしてカゴメ歌!ヤマト建国の真相に迫る!!

著者紹介

関 裕二 (セキ ユウジ)  
1959年生まれ。歴史作家。仏教美術に魅了され、奈良に通いつめたことをきっかけに、日本古代史を研究。以後古代をテーマに意欲的な執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)